黒田官兵衛と松寿丸

image2

黒田官兵衛の長男である松寿丸は織田信長の人質として秀吉の妻であるおねに育てられることになりましたが、すごく可愛そうに思えて仕方ないですね。

もともとは御着城の小寺政職の息子が本来は人質として連れていかれるはずだったところを病を患っているということで、それを拒否し、その結果代わりの人質として連れていかれることになりましたから。

誰かがいかねばならない状況のなかで、黒田官兵衛の妻である光はそれをなんとかしてやめさせるように、母として懸命に黒田官兵衛を説得しようとしましたが、それもかなわず。

松寿丸としては自分に何かできることはないかという思いがあり、それで最終的には自らが織田信長の人質となることを志願していましたが、幼い少年の決断としてはかなり勇気のいることだったと思います。

黒田官兵衛と松寿丸と秀吉の妻おね

黒田官兵衛の息子である松寿丸を引き取ったのは秀吉です。

もちろん、実際に育てていくのはその妻であるおねがそれをやっていく訳ですが、やはり幼い子供を育てていくうちにだんだんと松寿丸への思いというのは強くなっていきましたね。

まるでわが子のように松寿丸を愛している様子でした。

武道の稽古中にときおりみせる松寿丸の家族を思う、故郷を思うさみしい表情をおねは見逃すことができずに心が苦しい思いをしているようでした。

少しでも松寿丸にさみしい思いをさせまいとして、優しくふるまうおねもまた心が詰まる思いがあったのでしょうね。

黒田官兵衛の長男である松寿丸は今後

黒田官兵衛の先日の放送では完全に裏切り者としての扱いを受けてしまうような状態になっていくような感じがありましたが、そうなると当然松寿丸は人質なわけですから処刑されることになります。

戦国時代はたとえ子供・女であったとしても人質として処刑することに変わりはありません。

ですが、松寿丸はどうやら生きのびた様子なんですよね。歴史的にですが。

どのようにして松寿丸は生き残ったのか?だれが処刑をから松寿丸を救ったのか?

ここはかなり興味深いところでもあります。

黒田官兵衛の放送内容ではないですが、このあたりについては歴史的にいくつかの説があるんだそうです。

秀吉が処刑したとウソの報告を織田信長にしたというのも一説にはあるようです。

このあたりが今後の放送でどのように描かれるのか?とても楽しみです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ