赤ちゃんの肌にレスタミンコーワクリームを塗っても大丈夫?

akatyann

赤ちゃんの肌にレスタミンコーワクリームを

レスタミンコーワクリームは幅広い年齢層に安全にお使いいただける痒みどめですから、赤ちゃんに使用しても問題ありません。

 
蕁麻疹やアレルギー性湿疹、様々な痒みを伴う皮膚疾患に対応していますので、痒みを和らがせてあげましょう。

 

痒みをとめるジフェンヒドラミンが配合されており、痒みの原因であるヒスタミンを抑える他、配合成分によって炎症の広がりを抑制することもできます。

 

赤ちゃんにレスタミンコーワクリームを塗るときは慎重に

赤ちゃんに医薬品を塗布することに抵抗を感じる方もいらっしゃると思いますが、副作用さえ気をつければ安心してお使いいただけます。

 

赤ちゃんは大人のように我慢させるのは難しいです。

 

炎症は痒みを伴い、掻いてしまえばさらに炎症を悪化させてしまうだけでなく、肌にダメージを与えて後が残ってしまうかもしれません。

 

そうならないためにも、積極的に痒みを取り除いてあげるべきでしょう。

 

レスタミンコーワ以外にはステロイドが痒みどめに用いられますが、副作用リスクの問題からレスタミンコーワの方が心配は少ないでしょう。

 

ただし、医療機関で処方される赤ちゃん向けのステロイドは成分を薄めてあるため、過度に心配するほどでもありません。

 
もし、今赤ちゃんの肌のケアについて悩んでいるのであれば、ファムズベビーを一度チェックしておくのは良いかも知れないですね。

 
ファムズベビーの公式サイト↓↓↓



 

さて、痒みをとめてあげることも大切ですが、痒みの原因を取り除くことも忘れずに。

 

肌が敏感な赤ちゃんは大人よりも些細な原因で痒みを引き起こしている可能性が考えられます。

 

例えば肌着です。

 

化学繊維の肌着は誰もが利用するものですが、赤ちゃんの肌には合わず、摩擦を起こして炎症を引き起こしてしまうことがあります。

 

炎症や痒みが表れている部位に偏りがある場合は、そこに触れているものが原因ではないかと疑いましょう。

 

 

赤ちゃんは言葉をしゃべれないため、大人に症状を的確に伝えることができません。

 

ですから、医学知識のない周りの大人がやたらに症状を判断することは大きな危険を招きかねません。

 

痒みひとつでも原因は様々に考えられます。

 

的確な判断ができない場合は、まずは必ず医師にご相談の上、対処してあげましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ