赤ちゃんのインフルエンザ予防として外出に注意すべき事とは?

akatyann

赤ちゃんがインフルエンザにならないようにするために、赤ちゃん用のマスクをつけたり等々、日頃からお母さんはいろんな工夫をされている事だと思います。

 

 

そんななかでここでは外出について気を付けた方が良い、対策すべき事を紹介していますので参考にしてみて下さいね。

 

 

赤ちゃんのインフルエンザ予防として外出は人ごみを避けた方が良い

インフルエンザを予防するには、まずはウィルスに触れないようにする事が、触れる機会を少しでも少なくする事が大切ですね。

 

 

 

ですが、外出する事になれば、どこでウィルスに触れ、感染してしまう事になるか分かりません。

 

 

 

特に、新型のインフルエンザウィルスは感染力が強いものが多い事が特徴で、新型のインフルエンザが流行している時は赤ちゃんと一緒に外出する機会はできる事なら少なくした方がいいでしょう。

 

 

冬の空気が乾燥しているときなどはさらに注意が必要ですよ。

 

 

ただ、そうはいっても全くでかけなくて済むことも少ないのが実際のところだと思いますが、そうした時は人ごみを避けていく工夫をできるだけするようにしましょう。

 

 

インフルエンザのウィルスが感染する時というのは、たいていは咳やくしゃみのなかをした時です。

 

 

インフルエンザのウィルスが咳などで飛ぶ距離は一般的には1~2メートルといわれていますが、人ごみのなかに入ってしまえば、この距離内でインフルエンザのウィルスを持ってしまっている人と接触する危険性が多くなってきてしまいます。

 

 

駅やショッピングセンターはできる事なら避けたいところですが、いかなければいけない時は混雑する時間は避けるようにするのがいいでしょうね。

 

 

もし、歩く事ができる距離ならば、お散歩がてらに歩いていくのも一つの工夫です。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ