赤ちゃんがインフルエンザになった時のタミフルの服用と【副作用】

tamihuru

赤ちゃんのインフルエンザにタミフルは

赤ちゃんがインフルエンザにかかってしまい、熱もでてくるし、咳もする、すごく苦しそう。

 

病院にいってお医者さんにタミフルを処方されたけれど、副作用などが心配で、飲ませていいものかどうか?悩んでしまう。

 

そんなお母さんはきっと多いと思います。

 

そんなお母さんのために、ここでは赤ちゃんがインフルエンザにかかった時のタミフルについて解説していきたいと思います。

 

赤ちゃんがインフルエンザにかかった時のタミフルの服用と効果

タミフルはインフルエンザウィルスの増殖を抑制するための薬として一般的に知られています。

 

赤ちゃんを含めた人の体は、インフルエンザウィルスが体に侵入してくると、そのインフルエンザウィルスに対して抗体というものを作ります。

 

そして、その抗体によってインフルエンザウィルスは撃退されていくわけですが、ここでタミフルの役割としては、インフルエンザウィルスの増殖を抑えることによって、抗体がインフルエンザウィルスを撃退することをサポートする事にあります。
参考:病気・アレルギーについて – 渡部クリニック
(インフルエンザは種類を型で分類していますが、タミフルはA型とB型に効果があるとされていて、C型には効果がないとされています。)

 

服用する際に注意点としては、タミフルはインフルエンザに感染してからは48時間以内に服用しないと、その期待できる効果が低下してしまう事です。

 

赤ちゃんがインフルエンザにかかり、お医者さんからタミフルを処方された場合は早期に症状を回復させてあげるためにも、この48時間以内というのは守るようにしましょう。

 

赤ちゃんのインフルエンザとタミフルの副作用

さて、赤ちゃんがインフルエンザにかかりもっとも気になるのが副作用についてだと思います。

 

タミフルの副作用の事例としては
・嘔吐
・下痢
・腹痛

などの消化器系に症状がでるケースがあります。

 

また、小さな赤ちゃんを持つ親にとってさらに心配になるのがタミフルによる異常行動は副作用として実際にありうるものなのか?という事だと思います。

 

タミフルを服用したことによって起こったといわれる異常行動としては、
(赤ちゃん以外の異常行動を含む)

・突然立ち上がって部屋から出ようとする。
・興奮状態となり、手を広げて部屋を駆け回り、意味のわからないことを言う。
・興奮して窓を開けてベランダに出ようとする。
・自宅から出て外を歩いていて、話しかけても反応しない。
・人に襲われる感覚を覚え、外に飛び出す。
・変なことを言い出し、泣きながら部屋の中を動き回る。
・突然笑い出し、階段を駆け上がろうとする。
インフルエンザQ&A|厚生労働省

などがあるとされています。

 

しかし、これらの異常行動がタミフルを服用したことが原因であるという確かな証拠、明確な因果関係は確認されてはいません。

 

これらの症状はインフルエンザにかかった場合に、タミフルを服用してもしなくても異常行動がある事が認められているので、異常行動の直接的な原因がタミフルにある、という事ではないと考えられます。

 

赤ちゃんがインフルエンザになり、タミフルを服用する時は2日間は傍にいる

赤ちゃんがインフルエンザにかかり、病院で医師にタミフルを処方され、実際に服用する場合においては、タミフルと異常行動の因果関係は認められないにしても、タミフル服用後に異常行動があった、という報告がされている以上は、2日間は保護者が赤ちゃんが1人にならないように傍にいることが必要だとされています。

 

また、小児・未成年者については、万が一の事故を防止するための予防的な対応として、本剤による治療が開始された後は、(1)異常行動の発現のおそれがあること、(2)自宅において療養を行う場合、少なくとも2日間、保護者等は小児・未成年者が一人にならないよう配慮することについて患者・家族に対し説明を行うこと。
タミフル服用後の異常行動について(緊急安全性情報の発出の指示) | 独立行政法人 医薬品医療機器総合機構

 

タミフルを服用しても、異常行動と直接関係ないのであれば、そこまで言わなくてもいいのではないか?と思ってしまう人もいると思います。

 

ただ、やはり報道機関等でタミフルを服用したあとに、異常行動が発生したという事実はあるので、こうした対応になるのではないかと考えられます。

 

赤ちゃんのインフルエンザと医師のタミフル処方について

赤ちゃんがインフルエンザにかかり、医師が赤ちゃんにタミフルを処方する事自体は珍しいことではありません。

 

実際に服用した方がインフルエンザからの早期回復につながることを考えれば当然のことといえます。

 

また、赤ちゃんのような抵抗力がまだ弱い状態の子供がインフルエンザにかかった場合において、今後症状が悪化、重症化し、インフルエンザ脳症やウィルス性肺炎などになるリスクを考えれば、タミフルを医師が処方するのも、十分うなずけます。

 

巷では赤ちゃんや子供がタミフルを服用することについては、様々な意見がありますが、不安でどうしても服用させる事ができない場合は、その旨を診断してもらった医師にまずはしっかりと伝えましょう。

 

また、診断してもらった医師に対して不安がある場合は別の病院に行き、セカンドオピニオンという形で診断してもらう選択肢もあってもいいですね。

 

いずれにしても、一人で悩まない事が大切ですよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ