妊娠中に激しい陰部の痒みに効果的なレスタミンコーワクリーム

seiri

妊娠中の陰部の痒みとレスタミンコーワクリームの使用

女性特有の妊娠時には、ホルモンバランスの変化や胎児の成長で起きる臓器の圧迫により、様々なトラブルがあらわれる恐れがあり、陰部の激しい痒みもその一つです。

 

レスタミンコーワクリームは痒みどめとして医療機関で処方されたり市販されたりしていますが、トラブルの状況次第では解決できず、また逆に悪化させる恐れもあるので、ご注意ください。


・レスタミンコーワクリームを妊娠中の陰部の痒みどめに使う時は慎重に

 

レスタミンコーワクリームと妊娠中の陰部の痒みの原因

妊娠中にあらわれる陰部の激しい痒みの原因は様々です。

 

アレルギー持ちや乾燥肌に悩まされている方の場合、それらが著しくあらわれることもあれば、妊娠性の掻疹症や痒疹、疱疹という疾病も考えられます。

 

その他、ホルモンバランスの乱れが膣内のPH値を乱して通常時ではあらわれない菌によるウイルス性感染も引き起こしかねませんし、同じ感染系としては大腸菌、ブドウ球菌などの感染性外陰炎、細菌性感染症、膣カンジダなども激しい痒みを生じる原因となります。

 

一方、簡単なことから痒みが酷くなってしまう場合もあります。

 

おりものの量が増えて陰部に触れる機会が増えたり、妊娠により身体が発熱して陰部が蒸れる頻度が増えて衛生環境が悪化しても、痒みを生じてしまいます。

 

痒みに痛みを伴う場合は、明らかな異常を疑いましょう。

 

痒みどめで一時的に痒みだけは抑えることはできますが、痛みには効果がなく、症状の悪化を招く恐れもあります。

 

膣カンジダの場合は特に、痛みも伴う傾向があります。

 

また、感染により引き起こされる痒みの場合も、痒みどめは一時的対処にしかすぎず、感染源を特定して正しい治療をしなければ根本を解決できません。

 

よって、痒みが表れたからとりあえずレスタミンコーワクリームなどの痒みどめに頼るのではなく、医療機関にてまずは原因を特定してください。

 

厄介なトラブルではなく、日常の些細な変化による原因で一時的に痒みが表れている場合は、市販されるレスタミンコーワクリームでも十分な場合もありますが、デリケートな部分ですから、肌に優しい刺激の少ないケアに抑えましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ