ガムデンタルリンスの効果をチェック!歯周病予防、それに口臭や口内炎に・・・

gamudenntaru

ガムデンタルリンスの効果として

ガムデンタルリンスは液体歯磨きとして知られていますが、どんな効果が期待できるのでしょうか?

口のなかをキレイにしてくれるとガムデンタルリンスの公式サイトでは謳われていますが、実際のところはどうなのでしょうか?

ガムデンタルリンスの歯周病予防の効果と根拠について

ガムデンタルリンスに含まれる成分には薬用成分CPC(塩化セチルピリジニウム)と呼ばれる成分が配合されています。
gamudennaruseibunn
これは歯周病の原因となる病原菌を殺菌、除去する作用があるので、ガムデンタルリンスはやっぱり歯周病予防には効果が期待できる、といってもいいですね。

また、この成分はサンスターが独自に開発した成分のようです。

さすがは歯周病と闘い続けているガムデンタルリンスという感じです。

歯周病予防にガムデンタルリンスを使うのは正解!といえそうですね。

ガムデンタルリンスは口臭にも効果があるのか?

ガムデンタルリンスに期待する効果としては、なかには口臭の予防もできるの?と考えている人もいるかと思います。

このあたりについては口臭の原因を考えてみる必要性がありそうですね。

口臭の原因としては

①口内環境によるもの(歯垢や舌苔等)
②腸内環境によるもの(腸内細菌の腐敗臭等)

この2つが口臭の原因としてはありますが、ガムデンタルリンスは先ほどの薬用成分CPC(塩化セチルピリジニウム)が配合されていることにより、①の口内環境による口臭については効果があると考えられます。

しかし、②の腸内環境に関してはガムデンタルリンスでは対処しきれない、という事になります。

の腸内環境の口臭、もっというと、いつも歯磨きをして口のなかはキレイにしているにも関わらず、口臭がでてきてしまう、という方はガムデンタルリンスでは口臭対策としての効果は期待できないといってもいいでしょう。

ガムデンタルリンスは口内炎には効果はないの?

ガムデンタルリンスは口内炎には効果はないのか?と思う方もいるかも知れないですね。

口内炎の原因は
①免疫力の低下(アフタ性口内炎)
②細菌やウィルスの増加(ウィルス性口内炎)
③物理的接触(カタル性口内炎)
の3つが主な原因としてあります。

ガムデンタルリンスは口の中の殺菌することによってキレイにすることから細菌やウィルスの増加に対してはもしかしたら多少の効果はあるかもしれないですが、免疫力の低下や物理的接触による口内炎に関しては効果はない、という事になりますね。

一般的に口内炎の原因としては免疫力の低下が多いとされていますが、そのことからもガムデンタルリンスには口内炎に対する予防効果は期待ができないのでは?と考えられます。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ