ガセリ菌とビフィズス菌の違いとは?

ガセリ菌はメグミルクのテレビのCMでも最近はよく知られる乳酸菌の一種として有名になりましたが、ヨーグルトに含まれる乳酸菌の一種であるビフィズス菌との違いとしてはどんなところがあるのでしょうか?

ガセリ菌とビフィズス菌は違いあれどどちらも乳酸菌?

乳酸を増やす菌のことを乳酸菌といいますが、ガセリ菌とビフィズス菌の違いとして一つあるのは、ガセリ菌は乳酸菌に分類されていますが、ビフィズス菌は乳酸菌には分類されていません。(専門家の中には一部ビフィズス菌を乳酸菌の一種とする考え方もある)

ただ、どちらも腸内での役割としては善玉菌としての役割をしてくれる、つまり健康に貢献してくれる菌という事が出来ます。

インフルエンザが流行する季節などにはこうした善玉菌の役割というのは大きいので、風邪予防などにこうした善玉菌を取ることはとても健康的なことですね。

ガセリ菌とビフィズス菌の違いと特徴について

さて、ガセリ菌とビフィズス菌の違いで気になるのはやはりその効果や効能についてだともいますが、

まずガセリ菌の効能としては
・腸内の環境を整える
・ダイエット作用が期待できる
・病気等に対する免疫力を高めてくれる
といった事が上げられます。

一方でビフィズス菌の効能としては
・腸内の環境を整える
・病気に対する免疫力を高める
・様々なアレルギーの症状を緩和してくれる
・貧血を予防する作用が期待できる
・美肌効果が期待できる
・コレステロール値を下げてくれる

といったものがあります。

ガセリ菌とビフィズス菌の違いからみて優れているのは

こうしたガセリ菌とビフィズス菌の違いをよく見てみると、最近話題になっているのはガセリ菌かも知れないですが、その効能の点からみてみるとビフィズス菌の方が優れているといっても良いかも知れません。

ただ、こうした善玉菌を取ることによる効能はその人の腸内の環境にも大きく左右されるためにその人にとって良いのはどちらか?という話はガセリ菌やビフィズス菌が入ったサプリやヨーグルトを実際にとってみた試す必要があると言えそうです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ