インフルエンザ予防対策の為の鼻うがいの効果とやり方!

wirusu

インフルエンザ予防に鼻うがい

インフルエンザにかからないための予防対策として、鼻うがいを実際にしている人はおそらくですが、まだまだ少ないのが現状だと思います。

 

 

ですが、鼻うがいをすることによってインフルエンザウィルスに感染する可能性というのは、しない場合もよりも確実に低下しますので、手洗いや普通のうがいなどと一緒に、自宅に帰った際には一度やってみるようにするのがいいでしょう。

 

 

鼻から侵入するインフルエンザウィルスの予防効果

インフルエンザにかからないために鼻うがいは効果があるのかな?と、その効果に疑問を抱く人もきっといると思います。

 

 

結論からすれば、予防効果として一定の効果は期待する事ができます。

 

 

その理由としては、

 

インフルエンザウィルスに感染してしまう感染経路は、人の咳・くしゃみなどによる飛翔感染と呼ばれる形が多くを感染パターンとしてあります。

近くにいる誰かが咳やくしゃみをした時に、インフルエンザウィルスが飛び散り、それがあなたの体の中へ入ってしまう事によってインフルエンザに感染してまう、という事ですね。

 

この体の中へ入ってしまう経路として鼻から侵入するケースもあるのですが、この時に、普段から鼻うがいをしている人であれば、そのインフルエンザウィルスによってインフルエンザになる事を予防する事ができます。

 

逆に、鼻うがいをしていないとそのままインフルエンザウィルスは侵入してしまい、そこからどんどん増殖して本格的にインフルエンザにかかってしまう事になりますね。

 

 

このように鼻から侵入してくるインフルエンザウィルスを鼻うがいをする事によって、その侵入を阻止する事によって、一定の効果があるといえるんですね。

 

インフルエンザを予防するための効果的な鼻うがいのやり方!

用意するものは塩とぬるま湯

・ぬるま湯のお湯を用意する
一度沸騰させたものを冷ます。衛生上の面を考えて。

・鼻うがい用の食塩水を作る。
0.9%の食塩水を作る。0.9%というのは、血液や体液などの人の浸透圧に近い数字です。
この濃度の食塩水を使用する事によって鼻うがいの時の(水が鼻に入っていく時の)ツーンとした痛みを緩和する事ができます。

手順
①洗面器に食塩水を入れます。

 

②そこに片方の鼻の穴を閉じながら顔を付けます。

 

③顔を付けたら、閉じていない方の鼻の穴で食塩水を吸い込んでいきます。
注意)鼻から食塩水を吸い込む時に飲み込まないようにして下さいね。

 

④吸い込んだ食塩水を閉じた方の鼻から出す。

 

⑤これを3回程繰り返す。

 

 

食塩水を作るのが面倒だったり、洗面器に顔を付けてやるのが苦手な方は鼻うがい用のグッズも今はいろいろと販売されているので試してみるのもいいかも知れないですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ