楽天星野監督が病気に黄色靱帯骨化症とは?

プロ野球楽天の監督を務める星野監督が難病により長期的に休養する可能性がでてきたみたいですね。

星野監督がかかってしまった病気は腰椎の椎間板ヘルニアと胸椎の黄色靱帯骨化症というものなんだそうですが、後者の黄色靭帯骨化症(おうしょくじんたいこっかしょう)という病気。

この病気は脊髄の黄色靭帯にカルシウムがついてしまうことによって骨化してしまうことのようですが、症状としては脊髄を圧迫することになるために、足のしびれが生じることがあり、この症状がさらに悪化してしまうと最悪の場合は麻痺することもあるんだそうです。

国が指定する難病の一つですが、今星野監督はこの黄色靭帯骨化症になってしまっているんです。

楽天星野監督が病気(黄色靭帯骨化症)から復帰する可能性はあるのか?

楽天の星野監督がかかってしまっている病気(黄色靭帯骨化症)は国がしている程の難病なので、今後復帰することができるかどうか?という話になるとかなり不透明のようですね。

とは言っても当然今後も誰かがチームのかじ取りをしないといけないわけですが、それは佐藤義則投手コーチが星野監督の代行を務める形となる様子です。

今回のこの星野監督がかかってしまった黄色靭帯骨化症は手術をして治すことも選択肢としてあるために、もしそういうことになれば、長期のチーム離脱というのは可能性としては高いといっても良いかも知れません。

ですが、もちろん、まずは病気を治すことが先決であることを考えると、時間がかかるとはいっても、手術をしてできるだけ早めの復帰を期待するいう方向がもしかしたらいいのかもしれないですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ