エボラ出血熱が日本に上陸することはあるのか?

アフリカに端を発したエボラ出血熱ですが、正直日本に上陸することが心配になってしまいますね。

直近のニュースにおいては世界保健機構の予想ではエボラ出血熱は今後1週間で5000人から1万人のペースで増えて良く可能性があるんだそうです。

これは完全に異常事態ということがいえると思います。

そしてこの勢いでいけば、日本に上陸する可能性というのは十分にあり得るということがいえるでしょう。

エボラ出血熱が日本の病院で発生することは・・・

エボラ出血熱がもし日本の病院のなかで感染する事があるのか?

この可能性についても否定することはできないようです。

感染者を患者にもつ病院においては、実際にはこの今回のエボラ出血熱に対してある程度の腹積もりはしているみたいですね。

そして、いつエボラ出血熱が病院内の患者が感染してもいいように、医師やナースに対して今の段階から感染が病院外に広がらないように教育をしているんだそうです。

エボラ出血熱に対する対策は日本ではできているのか?

エボラ出血熱に対策としては今の段階では病院内において、もし感染者がでてきたとしても、アフリカの感染状況のように広がらないようにするために対策が施されているようです。

先ほどの医師やナースに対しての教育がそれになりますが、例えば、エボラ出血熱の感染者に対して看護をする人は、看護したあとはエボラ出血熱対策用の服をきて、そしてそれを脱ぐときの脱ぎ方を訓練したり、それに感染者が嘔吐したときなどのその処理方法についても菌といっていいのでしょうか、それが誰かに感染しないように処理方法も決まっているんだそうです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ