信長協奏曲が10月13日からスタート!小栗旬はその時何を思ったか?

最近はコミック漫画がドラマ化されることも多くなってきましたが、この信長協奏曲もまたその一つですね。

10月13日からフジテレビ系で放送されることが決まってからはコミックを読んでファンになった人たちもかなり楽しみにしているドラマのようです。

さて、気になるのが主演は誰がするのか?というところですが、今回のこの信長協奏曲の主演はイケメン俳優の地位を不動のものにした小栗旬さんです。
image1

信長協奏曲の主演を演じる小栗旬さんの役どころ

小栗旬さんが主演を演じることになる信長協奏曲の主人公は勉強が嫌いで、さらに日本史には一切興味がないという、高校生。

そんな高校生が何故か戦国時代にタイムスリップして、自分と全く瓜二つの織田信長に出会い、そして織田信長にこともあろうことか、自分の代わりに織田信長として生きていってくれ、と頼まれることに。

さらに、そこからは天下統一のために尽力していくという、ちょっと普通の高校生には荷が重すぎるのでは?というぐらいのストーリー展開になっていくようです。

信長協奏曲の主演である小栗旬さんは実は戸惑いも

信長協奏曲で、主演を演じるにあたって、実は小栗旬さんにはとまどいがあったようです。

今まで数々のドラマで主演を演じてはヒットさせてきた実力派の小栗旬がどんな戸惑いを感じたかというと、それは・・・・

「自分に高校生の役は演じられるのか」ということ。

今小栗旬さんの年齢は30才を過ぎているということもあって、そのあたりはかなり気を使った、というとか戸惑いがあったようですよ。

でも、確かに30才を過ぎてからの高校生役は気持ち的にも躊躇することがあるのは素人目線から見ても納得しますね。

だって年齢的なギャップが20才近くあるんだから。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ