肌の水分量を上げる化粧品選びで【大失敗】する時!

Fotolia_81041515_Subscription_Monthly_M (1)

肌の水分量を上げる化粧品選びで

肌の水分量は年齢とともに減少してしまうものですね。

 

ある意味仕方のないことかも知れないですが、放置しておけばシワやたるみの原因になったり、今既にある場合はさらに症状が悪化してしまう原因になってしまいます。
そこで、何か肌の水分量を上げてくれる化粧品はないものか?と探す人も多いんですが、

 

その肌の水分量を増やす化粧品選びで大失敗してしまう場合はよくあることなんですよ。

 

ここでは、そんな肌の水分量を上げるための化粧品選びで失敗しないための選び方の解説をしているので、参考にしてみて下さい。

 

肌の水分量を上げるためにはセラミドを増やす化粧品を

kesyousui

 

肌の水分量を上げるためにはセラミドを増やすことが必要になってきますが、その前にまずは肌の水分量がどのようにして蓄えられているか、というメカニズムを知る事が大切です。

 

 

肌の水分は角質層で蓄えられる

mizu

肌が水分を保っていられるのは、肌の内側から湧き上がってくる水分を角質層で蓄えられているからです。

(角質層というのは、肌の表面の層の事を言います。)

 

この角質層の80%を担っているのがセラミドと呼ばれる角質細胞間脂質という脂質なのですが、これが減少してきてしまうと、肌は内側から湧き上がってくる水分を蓄えることができずに、水分量は減少していってしまうんですね。

 

肌の水分量が減ってきているというのは、このセラミドが減少しているからこそ減っている、というわけです。

引用

セラミドが不足すると、上述の通り水分をはさみ込む働きをしている細胞間脂質が十分に水分を保持できなくなり、お肌が乾燥してしまいます。
【医師監修】セラミドの皮膚内での役割 | スキンケア大学

 

ですので、肌の水分量を増やす化粧品を選ぶ時にはセラミドを増やす化粧品を選ぶようにしないといけないわけですが、

 

実は、そのセラミドを増やす化粧品選びにこそ大失敗してしまう落とし穴が存在しています。

 

保湿成分配合化粧品はセラミドを増やさない。

odorokuzyosei1
肌の水分量を増やすためには、保湿成分が入った化粧品を選ぶことが多いと思います。

 

この時、化粧品に含まれている保湿成分が果たす役割が問題です。

 

ほとんどの化粧品は保湿成分で保湿をする際には、肌の表面、つまり角質層の上の部分を膜で覆うように保湿をしています。

 

ヒアルロン酸やコラーゲンなどはこの膜を作るタイプの保湿成分です。(セラミドが配合されている化粧品もありますが、ほとんどの化粧品に使われているセラミドの使用目的としては膜を作る為に使われています。)

 

そして、膜で覆うように保湿することもまた大切な保湿ケアではあるんですが、それだけでは肌表面の保湿だけで、肌の水分量を増やす保湿ケアまではできないんですね。

 

では、肌の水分量を増やす、もっといえば肌の内側から湧き上がってくる水分を蓄えるセラミドを増やす化粧品とはいったいどんな成分が使われてる化粧品なのでしょうか?

 

そこで、知っておきたい成分がライスパワー№11という成分です。

 

肌の水分量を増やすにはライスパワー№11が配合されているライースリペアがおすすめ!

raisupawa

ライスパワー№11とは、肌の水分維持機能改善する効果が認められている唯一の成分です

 

一般的な保湿成分が肌表面にだけしか潤いをもたらさないのに対して、ライスパワー№11は、肌の内側から潤いをもたらしてくれます。

 

ここでいう内側からの潤いというのは、まさに体内でセラミドを生成する力を高めることによって、角質細胞間脂質の水分を維持する機能を高めてくれる効果があるという事ですね。

 

そして、このライスパワー№11が使われているのがライースリペアという化粧品です。

 

化粧水だけではなくて、エッセンス(美容液)、クリームとライン使いすれば、より高い効果を期待できます。

 

ライースリペアにはお試し実感セットがあるので、一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

ライースリペア公式サイトは↓↓↓



 

肌質が根本から改善されていくのを実感できますよ。

 

肌の水分量とその他関連情報

・測定器を使えば水分量をチェックできる。

肌の水分量を測ることができる測定器は、日々の肌の水分量がどうなっているかをチェックするのに役立つアイテムです。

 

今の肌にどれぐらいの水分量があるかをチェックしておくと、今後対策していくうえでもとても役立ちます。

 

肌の水分量を測定するための測定器はグラフ表示をしてくれたり、段階方式で表示してくれたり、数値で表示してくれたりと、表示するパターンにはいろんなものがあります。

 

さらに、水分量だけではなくて、弾力性を表示してくれたり、油分量も表示してくれるものもあります。

 

値段としては、1,000円ぐらいのものもあれば、10,000円を超えるものもありますが、肌の水分量を測るだけであれば、3,000円前後のもので十分だと思います。

 

ただ、少し注意しないといけないのは、肌の水分量を計測するタイミングや環境によっても大きく左右されるという事実です。

 

ホルモンバランスによっても違ってきますし、室内のエアコンの効き具合によっても違ってきます。

 

ですので、毎日同じ時間帯で、同じ環境下で測る事が大切です。

 

・アプリケーションで肌の水分量はチェックできる?

肌の水分量をチェックするためのアプリケーションはないのかな?と思う人もいるかも知れないですが、今のところスキンケアチェックができるアプリケーションはありますが、水分量を測定できるものもあるようです。

 

アプリケーションをダウンロードしてから、別途専用のレンズを購入する必要がありますが、安いものでは1,000円程で手に入ります。

 

アプリケーションの場合データをグラフ化することも可能なので、グラフを見ながら実践しているスキンケアの有効性を確認できます。

 

・化粧品カウンターでも水分量は測定できるけれど・・・

化粧品カウンターでも肌の水分量は測定してくれます。ですので、一度ぐらいは行ってみて、水分量を見てもらうのも良いかも知れないですが、あんまりにも頻繁に通うのは現実的にできないですよね。

 

ですので、もし水分量を測るのであれば、やはり測定器かアプリケーションを使うのが良いと思います。

 

毎日測ることに大きな意味がありますからね。

・肌湿度計でも水分量が測れる

肌湿度計でも肌の水分量は図れます。手の平に治まる程度の大きさでどこにでも持ち運びができます。

 

水分量だけではなくて皮脂量も測れるので、肌がテカリ気味という人にも便利です。

 

毛穴やシミ、キメなどの状態までは分かりませんが、水分量と皮脂量だけわかれば十分という人にとっては肌湿度計は使えますよ。

 

・年齢別の平均値は気にしない方がいい?

肌の水分量を測定器で測る時、どうしても平均値がきになってしまう場合もあると思います。特に今の自分の年齢ではどれぐらいなんだろう?と。

 

一般的には健康的な肌の場合は、角質層の部分に20%~30%含んでいると言われています。

 

そして、理想的な潤いがある場合の肌であれば、角質層の部分に40%前後とされています。

 

肌の水分量を減らさないためのスキンケア

肌の水分量を減らさないためのスキンケアのポイントとしてはいくつかありますが、まずはクレンジングをチェックしてみましょう。

 

・クレンジング剤は洗浄力の強いもの程水分量を減らす。

クレンジング剤にはいろんなタイプのものがありますね。

 

クレンジング剤には肌への刺激が強いもの程、肌の水分量を減らしてしまう原因の一つになってしまいます。

 

一般的には肌への刺激が強いタイプとしては、

 

ローションタイプ(シートタイプ)⇒オイルタイプ⇒ゲルタイプ⇒乳液タイプ⇒クリームタイプの順になっています。

 

ローションタイプ(シート)タイプが一番肌への刺激が強く、クリームタイプが一番肌への刺激が弱いタイプになります。

 

肌の水分量を少しでも上げていきたいと思った場合は、できるだけ刺激の少ない乳液タイプかクリームタイプのクレンジング剤がおすすめです。

 

肌への刺激が強ければ強い程、肌表面の皮脂を落とし過ぎてしまうことになってしまいます。

 

ただ、メイクによっては刺激の弱いものでは落ちにくい場合があるので、しっかりとしたメイクをしている時はオイルタイプやゲルタイプなどのクレンジング剤を使う必要があります。

 

それと、アイメイクなどのポイントメイクはしっかりと落とさないと、酸化して炎症を起こしてしまう場合があるので、ポイントメイクは専用のリムーバーで落とすようにしましょう。

 

・肌への刺激が強い洗顔料も水分量の減らしてしまう

洗顔料は皮脂や汗、ほこりなどの汚れを落とすのが目的で、清潔な肌を保つためには不可欠なものですが、クレンジング剤と同じく肌への刺激が強いものほど、肌の水分量を減らしてしまう原因となってしまいます。

 

一般的には石鹸タイプやフォームタイプは肌への刺激が弱め、リキッドタイプやムースタイプ、粉末(酵素)タイプは肌への刺激が強くなっています。

 

肌の水分量が少ない人はリキッドタイプやムースタイプ、粉末(酵素)タイプは避け、石鹸タイプやフォームタイプの洗顔料を使うのがおすすめです。

 

また、洗顔の大切なポイントとしては、

 

①お湯は30度ぐらいのぬるめのお湯で顔を洗う。
②洗顔料は空気を含ませるように泡立てる。
③皮脂の多いTゾーンから洗い始めて、Uゾーン、皮膚薄い目元の順で泡を広げていくように洗う。
④洗い上がったらタオルで肌を軽く押さえるように水気を取る。

 

やってはいけないのはよく言われることですが、ゴシゴシと力を入れてしまう事です。優しく洗い上げるように洗顔しましょう。

 

栄養バランスのとれた食事は美肌の味方

栄養バランスは美肌作りの欠かせないものであり、肌の水分量とも大きく関係してきます。

 

肌に必要な栄養素としては、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルになります。

 

特に重要なのはたんぱく質です。

 

たんぱく質というと主に肉からとれる栄養素なので、太りたくに人は敬遠しがちですが、肌はたんぱく質でできているので、1日100gのお肉はむしろ必要だと言っても良いぐらいです。

 

脂肪の少ない赤みやささみを選んだり、魚からたんぱく質を摂取すれば、カロリーも抑えることができます。

 

脂質については摂りすぎてしまうと、太ってしまいますので、摂りすぎは禁物ですが、それでも脂質は細胞やホルモンを作るうえで重要な材料です。

 

脂質が不足してしまうと肌は潤いがなくなってきてカサカサの乾燥肌になってしまいます。動物性の脂肪を控え、植物性の良質な油を積極的にとれば、太らずに肌の乾燥対策になるのでおすすめです。

 

ビタミンやミネラルに関しては、、野菜や海藻類、豆類で摂取するのが良いでしょう。特に緑黄色野菜はビタミンや抗酸化成分など、肌に必要不可欠な栄養と食物繊維が豊富ですから。

 

睡眠は最低6時間はとるようにする

睡眠不足になると肌荒れやニキビができやすくなるという経験をした事はないでしょうか?

 

これは肌が十分に再生できていないために起こる肌トラブルです。最低でも1日6時間の睡眠時間は確保したいものです。

 

眠りはじめの3時間は特に大事で、成長ホルモンが活発に分泌されることによって肌の奥の細胞分裂が進みその日に受けた肌のダメージを回復する時間帯になります。

 

ぐっすりと眠れる環境を作るのも、美肌作りには欠かせません。

 

もちろん、肌の水分量にも影響してくるので、毎日の睡眠は大切にしましょう。

 

運動不足もまた肌の水分量を減らしてしまう。

運動不足になると、体の血行も悪くなり代謝が落ちてきてしまいやすくなります。

 

体全体の代謝が落ちてきてしまえば、当然肌の代謝も同じように落ちてきてしまいますが、そうなると肌トラブルを起こしやすくなってきてしまいます。

 

運動選手のような過激な運動をする必要はないですが、ウォーキングなど軽い有酸素運動を日々の生活のなかで取りれるようにするのは、健康で水分量が十分に維持される肌作りにはとても大切な要素の一つです。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ