ソフィーナの化粧水は30代にも効果的?くすみ・シミ・シワ・たるみ・毛穴の・・・

sofina

ソフィーナの化粧水は30代には

20代とは違い肌に年齢が出始める30代。

30代のスキンケアとしては、くすみ、シミ、シワやたるみ、そして毛穴の手入れが今まで以上に必要となってくる頃ですね。

さて、これらのケアに基本的に必要な化粧水ですが、ソフィーナの化粧水はこんな30代の肌に必要なケアをしてくれるのでしょうか?

ソフィーナの化粧水の効果と30代の肌ケア

化粧水の基本的な役割は肌をみずみずしく整えるものと考えた場合、大手口コミサイトなどの実際に使用した人たちの声をみていると、ソフィーナの化粧水は30代の肌ケアに使うとしても合格ラインといえるかと思います。

ただ、ソフィーナの化粧水の効果としてはそこまで。

くすみ、シミ、シワやたるみ、それに毛穴の引き締めなどのケアをこれだけではやっぱり不十分と言えますね。

ソフィーナの化粧水ではカバーしきれない30代の肌に必要な美容成分とは?

ソフィーナの化粧水はあくまでも肌のみずみずしさを整える、という以上のことを期待することはできないと私は思っています。

ですが、30代の肌ケアとしては、肌のみずみずしさを整えたあとに欲しいものがあります。

それは先ほども少しお話した、くすみ、シミ、シワ、たるみ、毛穴等のケアできるものですね。

そして、これらのケアをできるものとしては、化粧水や美容液というよりも成分としてのビタミンC誘導体。

ビタミンC誘導体には一般的には美白有効成分として知られているところですが、その他にも抗酸化作用や毛穴の引き締め作用が期待できる、エイジングケア成分としてはかなり優秀な成分です。
(ソフィーナの(基礎)化粧水にはビタミンC誘導体は入っていません。)

ソフィーナの化粧水を使う時の30代の人へのワンポイントアドバイス

これを読んでいるあなたが30代で、これからソフィーナの化粧水を使ってスキンケアをしようと考えているのであれば、できればソフィーナのこの基礎化粧水だけでなくて、できればビタミンC誘導体配合の美容液を使うのが、これから若々しい肌を保つためには必要だと思ってもいいと思います。

ただ、ソフィーナの基礎化粧水以外でもいいのであれば、ビタミンC誘導体入りの化粧水を他で選んでみるのもありだと思います。

この成分が入っていると値段的には少し高く感じてしまうことがあるかもしれないですが、それでも、10年、20年先の肌のことを考えれば惜しくないと思いますよ。
(お昼のランチを1カ月で2回ほど我慢すれば買えるとおもます。(笑))

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ